1月7日の緊急事態宣言に対する当日本舞踊教室の対応

1月7日、東京都をはじめ千葉県でも、緊急事態宣言となってしまいました。 感染者数は昨年4月の同宣言時より桁違いに増えていること、重症者数・死者数が増えていて、他の病気の医療機関への負担にもなっていることを鑑みて、外出や移動が社会全体のリスクを上げていると判断しました。 それゆえ、当日本舞踊教室におきましても、対面によるお稽古はお休みとし、基本はリモートによるお稽古といたします。 パソコン、スマホのテレビ会議アプリ、ビデオ通話アプリを使える方には、オンラインでお稽古をいたします。 オンラインお稽古が困難な方は、自主稽古用のビデオをお渡ししておりますので、お休み期間中はそれを見ながら自主稽古をお願いいたします。 月謝の支払いは、振込手数料のかからない郵便振替をご案内します。 分からないところがありましたら個別にご相談に応じますので、お電話、LINE等で遠慮なくおたずねください。当教室では、昨年6月より基本的な感染防止策を行っておりますので、どうしても必要な場合は対面によるお稽古でフォローすることは大丈夫です。 今後、本格的な対面お稽古の再開につきましては、緊急事態宣言の終了時期、感染者数、重症者数の推移等を見て、判断いたします。来月から始まるといわれるワクチン接種や、暖かくなってウイルスの勢いが下火になることを期待しています。 日本舞踊のお稽古は、あくまでも対面で行うことが基本と考えます。リモート稽古は、どうしても対面で行うことが困難な遠方の方や、今回のような非常時だけの例外と考えています。 社会全体の新型コロナウイルスの感染拡大を防止するという目的のための「自粛」は、今回が最後になることを願って、あと少しの間、耐えたいと思います。 最後までお読みいただきありがとうございます。 日本舞踊やってみたい!と思われた方は、ぜひ無料体験レッスンにお越しください。 詳細はこちらをクリック